スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

仙台のとうふ屋 - 中里とうふ店

年々減少していく町のとうふ屋さん。今や貴重な存在になりつつあります。
気になったとうふ屋を紹介していこうと思います。
今回は宮城県仙台市にある中里とうふ店さんを訪問しました。

mmnsx201309141905.jpg 
中里とうふ店の外観。思い描いている昔ながらのとうふ屋のイメージにぴったり。


mmnsx201309141906.jpg 
許可をいただき店内を撮影させていただきました。店主は気さくな方で、色々な質問にも答えてくださいました。中里とうふ店の1日の始まりは朝3時30分からの仕込みから始まるそうです。やはりとうふ屋の朝はとても早いですね。店舗と住居が一体になっている理由がよくわかります。休日は日曜日だけで長期連休もなく、旅行も1泊しかできないそうです。店主は3代目で20年以上奥様と一緒にこのお店を営んできたそうです。先代は91歳で亡くなられる寸前までとうふを作っていたそうです。ただ感服するばかりです。目の前に大きなショッピングセンターのイオンがあるのですが、取引先になっているそうで、中里とうふ店の売上に貢献しているみたいです。


mmnsx201309141907.jpg 
中里とうふ店の車はプリウスαです。


mmnsx201309141908.jpg 
これが中里とうふ店のソフトとうふ1丁105円。原料の大豆が高くなり、お値段はぎりぎりみたいです。もめんと絹の中間ぐらいのやわらかさで、どんなとうふ料理でも対応できそうです。舌触りまろやかで、大豆の旨みが口一杯に広がります。


mmnsx201309141909.jpg 
こちらが厚あげ1枚110円。やはりとうふ屋さんの厚あげはジューシーでおいしい!

中里とうふ店さん、お仕事中に色々とお話していただきありがとうございました。体に気をつけてこれからもおいしいとうふ作ってください!
スポンサーサイト
カテゴリ
最新動画
リアル頭文字D 赤城 下り 晴れ 夜
ジャンル:車載動画
公開日:2016年2月6日
ブログ内検索
サイトマップ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。