スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「リアル湾岸ミッドナイト β版」 公開日決定

mmnsx201402281631.jpg
制作を続けていた「リアル湾岸ミッドナイト」のβ版の公開日が決定しました。3月22日にYouTube、ニコニコ動画にて公開します。

「リアル湾岸ミッドナイト」 制作状況

去年の9月頃から制作を始めている「リアル湾岸ミッドナイト」の完成の目処がようやく立ってきました。3月にβ版の公開を予定しています。7月に完全版を公開予定です。

mmnsx201401290037.jpg

宇宙の謎



一番身近なようで遠い世界の宇宙。宇宙ほど多くの謎に包まれているものはない。色んな科学者たちが宇宙の誕生、広さ、構造等、あらゆる事について定説を述べているが、どれも確証がない。地球という小さな星に、500万年しか生きていない人類が宇宙の事を全て把握することは不可能に近い。宇宙どころか地球もまだ多くの謎に包まれている。結局は~だろうという仮説を立てる事しかできない。しかし、いくら考えてもわからないことを考えるのが面白い。

1.宇宙の数
我々がいるこの宇宙以外にも無数に宇宙が存在するという説が有力とされている。しかし実際に確認できない限り、今ある宇宙が唯一の存在と考えるべきだ。それに宇宙が1つだけではないとすると、証拠がない上に見えない物を定義するという理不尽な事がまかり通ってもいいという事になってしまう。様々な説はあくまで仮説を立てているだけにすぎず、結局は誰にもわからないことだ。

2.宇宙の広さ
今の科学では465億光年までを目視で確認できる。それ以上先がどうなっているのかは誰も知ることはできない。宇宙の広さは無限だと考えたくなるが、確証することはできない。宇宙は地球を起点に半径465億光年まで確認できるが、それより先は不明だ。

3.宇宙の誕生
宇宙には始まりがあり、ビッグバンという爆発が起きて膨張していき現在のようになったとされている。もし宇宙が誕生するものだとしたら、誕生する前は「無」ということになる。「無」から「有(宇宙)」は生まれないと考えるのが自然だ。それを覆すと物理科学を無視してしまうことになる。結局は誰にもわからない。

人間の飽くなき探究心で宇宙の全てが分かる日は果たして来るのだろうか...
カテゴリ
最新動画
リアル頭文字D 赤城 下り 晴れ 夜
ジャンル:車載動画
公開日:2016年2月6日
ブログ内検索
サイトマップ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。